モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング IN 大阪

ファーウェイ・ジャパンは、2016年の感謝を込めてファンイベントを大阪にて2016年12月9日に開催しました。

ご来場頂いた皆様に、イベント当日の様子やHUAWEI P9ならびにHUAWEI MateBook製品について、ブログやTwitterにてレポートして頂きましたので、以下、ご紹介させて頂きます。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング IN 大阪 会社紹介・製品紹介 モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング IN 大阪 トークセッション
弊社端末統括リテール統括部による製品紹介と、MateDockを参加者に見せるモバイルプリンス氏
モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング IN 大阪 トークセッション モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング IN 大阪 タッチアンドトライ
GAPSIS長田編集長によるMateBoook解説と、p9を試す参加者
モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング IN 大阪 タッチアンドトライ HUAWEI Touch and Try Tour 2016 大阪・阪急ビッグマン広場
MatePenを試す参加者、梅田ビッグマン広場イベントでもタッチアンドトライ

気軽に持ち運びしっかり作業ができるMateBookの実機レビュー 【HUAWEI Touch and Try Tour 2016】 <Huawei通信>

Huawei通信 MateBookはIntelのCore mシリーズを採用更にRAMは最低でも4GBを搭載するなど、スペック的にも持ち運びにベストな物となっており、出先などでレポートを書いたり、お絵かきをしてみたりするのにピッタリだなと感じました。

Huaweiスマホの考えを受け継いだ「MateBook」についての説明 【HUAWEI Touch and Try Tour 2016】 <Huawei通信>

Huawei通信 Huaweiがこれまでスマートフォンで培ってきたデザインや加工技術、テクノロジーや性能を取り入れて作ったのがMateBookになります。 筆者も思いましたが確かにこの点は如実にMateBookのWindowsPCらしからぬデザインに多大に反映されていると思います。

P9のカメラなどの操作方法を動画で紹介 【HUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016】 <Huawei通信>

Huawei通信 P9のカメラでプロモードの起動の仕方は、画面上のシャッタキーの近くにあるツマミみたいな所をスワイプすると起動することが出来ます。プロモードではISOやシャッタスピードなど細かな設定を変更することが可能です。

モデルごとの立ち位置や最近のHuaweiについて 【HUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016】 <Huawei通信>

Huawei通信 先日、HUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016の大阪会場に参加し、MateBookやP9についての説明以外にも、最近のHuaweiについてやモデルごとの立ち位置などの説明がありました。 ここではそこで紹介されたスライドを用いながら説明していきたいと思います。

梅田で開催中のHUAWEI Touch and Try Tour 2016でHUAWEI製品を試してきました <Huawei通信>

Huawei通信 本日より阪急梅田のBIGMAN(紀伊国屋横の大きなディスプレイ)前で開催中のHUAWEI Touch and Try Tour 2016に行ってきて、HUAWEI製品を色々試してきました。 体験会場ではスマホスタンドやタンブラーのプレゼントだけでなく、500円分のQUOカードが貰えるキャンペーンがありました。

HUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016 大阪会場に当選しました! <Huawei通信>

Huawei通信 HUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016『モバイルプリンスのファーウェイ王国ブファンミーティング』の大阪会場に当選したので参加してきます。 他メーカーのこういったイベントに参加したことはありますがHuaweiのイベントは初ですね。

MateBook、プライベートにもビジネスにも持って来いな2-in-1 PC <しょぼんブログ>

しょぼんブログ モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティングで、P9の他にMateBookも触れるのか、久しぶりに2-in-1 PCでも使って見るか、くらいの認識で参加したのですが、まさかここまで出来の良い物だとは思いも寄りませんでした。

ライカと共同開発したスマートフォン、コスプレイヤーにおすすめなHUAWEI P9 <しょぼんブログ>

しょぼんブログ ライカとHUAWEIがタッグを組んで繰り出してきたP9。想像していたとおり、カメラ機能が大変充実しており、非常におもしろい端末に仕上がっていますね。 カメラ機能に特化しているところを見て、個人的にコスプレイヤーの方にもかなりオススメできるスマートフォンなのではないかなぁと感じました。

なにわの夜に濃く盛り上がった、モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティングに参加してきた <しょぼんブログ>

しょぼんブログ 参加者全員がP9とMateBookを触ることができたので、大変良いイベントだったと僕は思います。普段店頭で見るだけでは、なかなか気付けない良さや、実際に使用した方の感想、メーカーの担当者さんから聞ける、製品の詳細な説明に裏話なんて気付けたり、聞くことはできないだけに、良い機会となりました。

HUAWEI Touch and Try Tour 2016、梅田でP9、MateBookをタッチアンドトライ! <しょぼんブログ>

しょぼんブログ 12月12日の20時まで阪急梅田駅のビックマン前にて、HUAWEIのP9とMateBookを実際に触れる、タッチアンドトライイベントが開催されています。 ビックマン前と言えば、大阪に住んでいる人に取っては待ち合わせスポットとして非常に有名な場所で、大きく開けたロケーションです。

HUAWEI Touch and Try Tour 2016 in 大阪 参加レポート 駅構内で見て・触れて・試せるイベント <Creator Clip>

Creator Clip スマホスタンドが当たりました。MateBookは家電量販店で取扱している場所も少ないため、Huaweiというメーカーについて、P9やMateBookの製品についてもっと一般層に認知してもらうには最適なイベントだったと思います。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーファンミーティング in 大阪 MateBookレビュー編 <Creator Clip>

Creator Clip ブログで使う写真加工やChromeのタブを10個以上立ち上げてももたつくことがなかったので、用途を割り切って使えば最適なデバイスでした。 わざわざ沖縄から参加するための手間や時間を掛けてイベントに参加した甲斐があったと思います。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーファンミーティング in 大阪 P9レビュー編 <Creator Clip>

Creator Clip 最近ではカメラ画質を売りにするスマートフォンはそこらじゅうに出回っていますが、P9はダブルカメラでワイドアパーチャの絞り調整が行えるため、デジカメで撮ったかのような背景がしっかりボケた写真が撮れるのが特徴です。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーファンミーティング in 大阪 イベント参加レポート編 <Creator Clip>

Creator Clip Huawei端末をまともに触ったのは、ちょうど1年6ヶ月前に格安スマホアンバサダーで提供して頂けたhonor6 Plusがきっかけでした。 そこから隠れHuaweiファンとしてP8maxやP9、honor8と買い続けている身としてはこのイベントは絶対に外せなかったため、当選したときはかなり喜びました。

モバイルプリンスのファーウェイ王国(大阪会場)でHuawei MateBookをタッチ&トライ!ゆったりフカフカなキーボードが魅力的 <sosukeblog.com>

sosukeblog.com キーボードによる文字入力は、作業効率を間違いなく高めてくれると実感しましたよ。割安に、あのフカフカさを携帯できる点は強く心を惹かれましたね。スペックについては、私個人のパソコンの使い方(文字入力が基本、たまに画像のリサイズ程度)であれば最下位スペックモデルでもおそらく十分。

Huawei街頭タッチ&トライイベント「Huawei Touch and Try Tour 2016(阪急ビッグマン前)」を訪問。開場前を含むイベントの様子を紹介 <sosukeblog.com>

sosukeblog.com イベント会場がオープンして数分立てば、おそらくイベント目当てで来たのであろう人、通りがかりに足を止める人。じわりじわりと来場者が増えていきました。大阪でのイベント初日であったこの日は、P9で撮影した写真を指定のSNSにシェアすることで500円分のQUOカードが貰える企画も。

モバイルプリンスのファーウェイ王国(大阪会場)でHuawei P9をタッチ&トライ!洗練が進むデザインが好印象 <sosukeblog.com>

sosukeblog.com 2つのカメラを使った「ワイドアパーチャ撮影」も面白い機能のひとつ。同じくデュアルレンズカメラを搭載するhonor 6 Plusなどでも使用できる機能ですが、擬似的に最大f/0.95相当の絞りを再現したり、撮影後にフォーカスポイントを変更するといったことが可能です。

モバイルプリンスのファーウェイ王国(大阪会場)参加レポート。HUAWEIの勢い・存在感と製品の魅力を改めて感じた夜 <SOSUKEBLOG.COM>

sosukeblog.com モノクロセンサーで色の濃淡やディテールを個別に記録し、RGBカラーセンサーで記録した色彩情報と合成する。ようは濃淡と色味を個別に記録できることで、色味も保ちつつ、白飛び(あるいは黒つぶれ)してしまいそうな情報も写真上に再現できるのかな、と。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティングに参加してMateBookと専用キーボードを体験してきました <真紅のモバイル生活(改)>

真紅のモバイル生活(改)  HUAWEI P9もMateBookも、かなり品質が高くて魅力的な製品だと思いました。 30分のタッチアンドトライでは良い部分も悪い部分も含めて、製品を体験しきることはできませんでしたが…しかし時間は短かったですが、イベント自体は非常に良かったです。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティングに参加してP9のダブルカメラを体験してきました <真紅のモバイル生活(改)>

真紅のモバイル生活(改)  他にも、国内でSIMフリースマートフォンを販売しているメーカーとしてはかなり早い時期から指紋認証センサーを搭載してきただけのことはあって、その認証精度やスピードの評判はかなり良いですね。 指紋センサーに様々な機能を割り当てることで操作性の向上を図っています。

大阪は本日12日まで開催!!HUAWEIのTouch and Try Tour 2016でP9やMateBookを体験してきました <真紅のモバイル生活(改)>

真紅のモバイル生活(改) 先日のミーティングではP9とMateBookが各人1台ずつ与えられて30分ほど触ることができたのですが、P9のカメラをもうちょっと弄ってみたかったのでまた体験してきました。因みにP9とMateBookについて指定された条件をクリアすると抽選会に参加することができます。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング in 大阪!参加報告6 <こんちのバウハウス>

こんちのバウハウス 今回のHUAWEIイベントで、1番感じたのは皆さんのHUAWEI愛です。僕もHUAWEIは好きですが、みなさんはもっともっとすごい!って感じました。特にP9のイベントなのに既にP9持っている人が結構いたんですよ! 中には同じ端末を複数所持している人も!!! 世界は広い!とても良い刺激を受けました!!

モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング in 大阪!参加報告5 <こんちのバウハウス>

こんちのバウハウス 今回お土産にポップコーンも頂きました。ラベルを見る限りHUAWEIとHillValleyのコラボな雰囲気!こういったお土産があるのはとてもうれしいと思いました。帰ってムシャムシャ!アッと言う間に消えてなくなりましたとさ!美味しかったです。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング in 大阪!参加報告4 <こんちのバウハウス>

こんちのバウハウス  僕もタッチアンドトライで出来るだけ触りまくりましたが駄目な点は本当見当たりませんでした。
あっ、長田氏が言ってた事、もう1つ思い出しました。それは発熱が少ない点! これだけハイスペックだと熱を持つのが普通で熱くなりすぎて使えなくなったりする端末もあるそうな!

モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング in 大阪!参加報告3 <こんちのバウハウス>

こんちのバウハウス  実はこのMateBook、HUAWEI初のWindowsタブレットなんですよ!初製品でこのレベルは正直すごいの一言です!僕はSurfaceを使っていますが、正直Surfaceと引き分けなレベルだと感じました。その理由としてはやはりこの薄さとデザイン!

モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング in 大阪!参加報告2 <こんちのバウハウス>

こんちのバウハウス HUAWEI P9の最大のオススメポイントはやはりカメラ機能だと思います。あのドイツの超有名カメラメーカー「ライカ」と共同で開発したカメラ機能をP9は搭載しています。もうね、正直これだけで購入する価値があると僕は思います。だってライカのカメラって本当に高いんです。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング in 大阪!参加報告1 <こんちのバウハウス>

こんちのバウハウス  HUAWEIの主力製品を紹介していたのですが、意外にも沢山の機種がリリースされています。
コレ以外にもタブレットも出していますしね! 基本はミドルレンジクラスのSIMフリー機種を出しているだけの印象ですが実はキャリアにも提供しているんですよね!

HUAWEI Touch and Try Tour 2016 大阪に行ってきました! <こんちのバウハウス>

こんちのバウハウス  個人的にHUAWEI WATCHはかなりカッコイイなと思いました。僕はApple WATCHメインなのですが、この丸型のフォルムがカッコよく、時計らしさといった部分ではこちらに軍配があがる気がします。時計自体は少し分厚く大きく感じますが、非常にエレガントなデザインでサイズに問題なければ女性にもオススメです。

モバイルプリンスのファーウェイ王国in大阪 レポートモバイルプリンス編 <NORAQURA!!!>

NORAQURA!!!  沖縄を中心に活躍しているモバイル芸人?もといプリンスですが、親しみやすいキャラクターとモバイル機器に対するディープなトークをこなす今までありそうでなかった分野(家電芸人は存在していましたが)を開拓する第一人者です。 スマートフォン王国というラジオ番組も好評を博しています。

モバイルプリンスのファーウェイ王国in大阪 レポート P9編 <NORAQURA!!!>

NORAQURA!!!  デレステの準備が整いました。ゲームスタート時で一番負荷のかかるモードを試してみましたが動作に関してはカクつきもなくスムーズな動きでした。これでタッチのタイミングを調整すればかなり遊べる予感がしました。 今すぐにでも撮影したくなるSIMフリー、P9が欲しくなってしまう90分間でした。

モバイルプリンスのファーウェイ王国in大阪 レポート MateBook編 <NORAQURA!!!>

NORAQURA!!!  適当にMateBookとMatePenで絵を描いてみました。筆圧による線の太さや濃さの変化が実際に絵筆を使っている時のような感覚でした。絵心がないのが残念ですが落書き気分で遊べる気軽さでした。 軽く、薄く、パワフル、そして楽しいMateBook、2in1タブレットの有力な選択肢のひとつです。

【現地レポート】HUAWEI Touch and Try Tour 2016 in 大阪 <ガジェットショット(あだっち)>

ガジェットショット(あだっち)  12月9日にモバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティングが大阪で開催されましたがその翌日の12月10日より阪急電車梅田駅の2階改札前の大型モニター、ビッグマン前でタッチアンドトライイベントがスタートしました。その初日に遊びに行ってきました。

【 スマホを変えるならHUAWEI☆P9の魅力☆】>【 スマホを変えるならHUAWEI☆P9の魅力☆】 <きのぴーのブログ>

きのぴーのブログ  個人的にはシャッターボタンが後ろにもついているのがうれしいです。スマホが大きいとセルフィーの時シャッター押すのが大変で、うっかり落としてしまうことも。でも後ろにボタンがあれば押しやすいし、スマホも安定するので本当に嬉しい!! ちなみに設定で自分の顔を登録すれば、カメラが自分を認識して加工してくれるので、集合写真でもちゃっかり自分だけキレイに撮れちゃうのだそう。すごい!!

【HUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016☆】 <きのぴーのブログ>

きのぴーのブログ  最近街でもよく見かけるようになったHUAWEIのスマホ。 HUAWElはファーウェイって読むんですよ~ 最初見たとき読めなかったさすが世界のHUAWEl !! スタイリッシュなデザイに、かゆいところに手が届く高機能のスマホにどんどん進化しております。

HUAWEI「MateBook」をファーウェイ王国で触ってきたのでリポート! <ガルマックス>

ガルマックス  コンパクト&パワフルな「ガチで使える」タブレットPCを探しているのであれば、「HUAWEI MateBook」は選択肢の1つとして要チェックです。 高性能なのに低価格な「HUAWEI MateBook」。ますます欲しくなっちゃいました!皆さんもご検討をどうぞ!

【HUAWEI P9編】モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーファンミーティングin大阪 <ガルマックス>

ガルマックス  いざミーティングに参加してみると、値下がりで手に入りやすくなった「第二の旬」は購入者側にとって「上質な製品が低価格で購入できる」ということを再認識しました。 そして、並々ならぬ【拘り】もビシバシ感じ、今まで見えていなかった「HUAWEI P9」の中の中も垣間見る事が出来ました。

【参加リポ】モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーファンミーティングin大阪 <ガルマックス>

ガルマックス  「リアル」に様々な方とお会いして交流する事で「見えなかった部分」にも気付かされる有意義なイベントで、私にとってファーウェイ製品をより深く知ることに加え、ブロガーとしても一歩前進させてくれた素晴らしいイベントでした。

「モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング」に行ってきた。 Huawei P9編 <satoweb_log>

satoweb_log_04  5.2インチのFHDディスプレイに 1.7㎜の極狭額縁ディスプレイにより画面サイズの割に本体が小さい。 LTE通信はLTE-Advanced採用により最大262.5Mbpsに対応。 接続コネクタはTypeC並びに3.5㎜オーディオコネクタ。ぼけをいい感じに調整できるのはさすがといった感じ。

「モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング」に行ってきた。 MeteBook編 <satoweb_log>

satoweb_log_03  「それはペンを超えたペン」レーザーポインターを内蔵していてプレゼンの際にはアップ・ダウンボタンとしても使用可能。MateBook自体にはType-Cコネクタしかないもののオプションで用意される MateDockを使用することによりGigaBit有線LAN、USB3.0、HDMI、VGA、充電用Type-Cの拡張が可能となる。

「モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング」に行ってきた。 <satoweb_log>

satoweb_log_02  プリンス氏、付属品が豊富な点もうれしい。P9は・MicroB-TypeC変換アダプタ・Type-Cケーブル・ACアダプタ・イヤホン・クリアケースが付属していて他に何も追加で買わなくてもそのまま使える。 最近の某社の製品はTypeCになったのにケーブルすらついていないと愚痴ry

HUAWEI Touch and Try Tour 2016 in大阪 いってきた。 <satoweb_log>

satoweb_log_01 HUAWEI Touch and Try Tour 2016in大阪 12/10~12開催。ということでTouchしにいってきました。場所は、阪急 梅田駅、待ち合わせ場所として便利なビッグマン前。P9で撮影した画像をSNSにシェアするとクオカードもしくはフリクションペンがもらえるイベントもやっている。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティングin大阪 GAPSIS 長田氏、モバイルプリンス氏対談編 <RE;CON-REVIEWDAYS>

RE;CON-REVIEWDAYS GAPSIS 長田氏「会社によって認証速度や精度は大きく異なっている。P9は背面に指紋認証が有るため軽く触れるだけで認証できるのが良い。しかも指紋認証のところを画像の送り、戻し、タスクバーを下ろすなど色々な機能を付けてくれているのは他社にはない特徴。」

モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティングin大阪に参加してきました Huawei P9編 <RE;CON-REVIEWDAYS>

RE;CON-REVIEWDAYS  背面の指紋認証は設定により「タッチパッド」と同じ機能を割り当てることが可能で、画像の次、前送りや、通知バーを下ろすといった割当も可能でした。 指紋認証をタッチパネルのように利用できるアイデアは他社にはなかったはずなので、ユニーク且つ実用的のように感じます。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティングin大阪に参加してきました MateBook編 <RE;CON-REVIEWDAYS>

RE;CON-REVIEWDAYS 指紋センサーを搭載した2in1デバイスで国内販売が行われているのは「MateBook」のみで、他の2in1 PCではパスワードを他の人に入力する場面を見られてしまうリスクがあります。「MateBook」ではパスワードを入れず、指を側面に置くだけでログインが出来るため、簡単且つ安全に利用することが可能です。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティングでHUAWEI MateBookを試した <blog of mobile>

blog of mobile 上側面には電源キーとスピーカーを備える。右側面には音量キーと指紋認証を備える。アクセサリ類としての位置づけであるが、個人的にはHUAWEI MateBookのKeyboardは気に入った。キータッチは実機で試してみたが、文章を書く者にとってHUAWEI MateBookのKeyboardは強い味方になりそうな気がした。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティングでHUAWEI P9を試した <blog of mobile>

blog of mobile ディスプレイ上のシャッターボタンの上にあるバーを上方向にスワイプするとプロカメラモードを設定できる。プロカメラモードではPROと表示される。詳細な設定が可能で、カメラで遊びたい人にはよさそうである。モノクロ撮影に設定して撮影。芸術的な写真を撮影できるというモノクロ撮影を試してみた。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング 大阪会場に参加した <blog of mobile>

blog of mobile  精度の高い指紋認証や高性能なカメラ機能などがお気に入りの機能として挙げられており、これらの機能は大きな長所となっている。様々な視点で製品の長所を聞くことができ、手元の実機でじっくりと各機能を試すことができて、よい機会になったと感じている。

カメラ機能が秀逸!イベント参加して感じた事を。「HUAWEI P9」レビュー <すぐるのモバイル雑記Ver2>

すぐるのモバイル雑記Ver2  精度の高い指紋認証や高性能なカメラ機能などがお気に入りの機能として挙げられており、これらの機能は大きな長所となっている。様々な視点で製品の長所を聞くことができ、手元の実機でじっくりと各機能を試すことができて、よい機会になったと感じている。

モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティングに行ってきました <すぐるのモバイル雑記Ver2>

すぐるのモバイル雑記Ver2  精度の高い指紋認証や高性能なカメラ機能などがお気に入りの機能として挙げられており、これらの機能は大きな長所となっている。様々な視点で製品の長所を聞くことができ、手元の実機でじっくりと各機能を試すことができて、よい機会になったと感じている。

ブロガーなど向けイベント「モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング」の大阪会場に参加!語れど語れど語り尽くせいない魅力を感じてきた【レポート】 <S-MAX>

ブロガーなど向けイベント「モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング」の大阪会場に参加!語れど語れど語り尽くせいない魅力を感じてきた【レポート】  P9付属のケースを例に挙げれば“付属品”という最低限の設計でなく、装着時に気泡柄が現れないようなドットパターンなど作り込みも見られました。 「安い代わりに同梱品は最低限」「安い代わりに質感もそれなり」といったことは決してなく、そこが最近のファーウェイの存在感にもつながっていると感じました。

大阪・梅田ビッグマン前で開催されたイベント「HUAWEI Touch and Try Tour 2016」でファーウェイのSIMフリースマホなどを体験!プレゼント企画にも参加してみた【レポート】 <S-MAX> 

大阪・梅田ビッグマン前で開催されたイベント「HUAWEI Touch and Try Tour 2016」でファーウェイのSIMフリースマホなどを体験!プレゼント企画にも参加してみた【レポート】 このタッチ&トライイベントのメインテーマでもあるP9については、主にカメラ機能を中心にアピールされていた印象。展示台上に設置されたクリスマスツリーなどを被写体に、開放時でf/0.95相当の写真が撮れるダブルカメラのボケ味などをテストできました。

ファーウェイ・ファンミーティング大阪レポート後編:指紋認証・デザイン・コスパが魅力のWindowsタブレットMateBook <GAPSIS>

GAPSIS 大阪会場 後編 2,160×1,440ドットと短辺側のドット数も多いのでExcelの行数も十分表示できるし、Webサイトも閲覧しやすい。そして、明るくコントラストも高い描写で写真や動画にも向いている。 しかも、筆者が魅力と感じているのはDolbyオーディオにも対応していること。

ファーウェイ・ファンミーティング大阪レポート前編:カメラ、基本性能、指紋センサーの多機能さなど魅力満載のスマホP9 <GAPSIS>

GAPSIS 大阪会場 前編 モバイルプリンス氏が超お気に入りの機能「ビューティーモード」。あらかじめいくつかの角度から自分の顔を撮影しておくと、自撮りをした時にビューティー補正を掛けてくれる、というもの。しかも、複数人で撮影した時には、自分の顔だけにビューティー補正が掛かるので、ちょっとした抜け駆け的な魅力もある。

ファーウェイの街頭イベントレポート大阪編。ライカダブルレンズカメラを多くの方が体験! <GAPSIS>

ファーウェイの街頭イベントレポート大阪編。ライカダブルレンズカメラを多くの方が体験!  街頭イベントの特設ブースには、ライカ監修のダブルレンズカメラを搭載するスマートフォン「HUAWEI P9」のほか、コストパフォーマンスと基本スペックから長期間人気を集めている「HUAWEI P9 lite」、Windows 2-in-1タブレット「HUAWEI MateBook」などが用意され、手軽に触って試せるようになっていた。